スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

③軟式&硬式 ④食べる練習 ~ 洗脳編~。。。。

軟式野球をやっている子どもに硬式を持たすと ダメ?

間違いです。。。。

軟式ボール 硬式ボール ソフトボール ドッジボール バスケットボール

などなど 大きさ 重さ 感触 すべて違うので、投げるときも当然

いろんな筋肉や感覚を駆使して投げます。

腕だけでなく 上半身 下半身ともども 使う筋肉や体勢も違います。

だから 投げたら ダメって ことにならないし 

むしろ いろいろ 経験したほうが 体の使い方を覚え、

神経的にも 非常によろしいです。

こういう考え方で 

体を動かすことを コーディネーショントレーニングといいます。

コーディネーショントレーニングは 

ビジョントレーニングの概念を一部切り取ったものが独立して発展しています。.

元は ビジョントレーニングの考え方によるものです。

小学生や中学生が 正しいフォームをトレーニングしたり

正しい捕球動作を理解するのに 硬球を使ったほうが 話が早いのです。

あるとき 硬球と使って 軽いノックとキャッチボールをして

体の使い方をチェックしていたとき 

とある方から 『やめてください』っと 注意を受けたことがありました。

シゲラーの頭の中は 『?????』

っと 『けっ ど素人が。。。。』っが 交錯して ブチ切れたことがありましたが、

後で 聞けば やはり 『軟式野球なんだから 硬球で練習すれば 故障する、
今は 大事に時期だから 硬球は使っていけない。』

っと 論され? ました。。。。

『ダメだこりゃ。。』 

率直な感想です。。。

日本一を標榜するとある少年野球チームの監督さんのお宅にお伺いし、

その子どものコンディショニングチェックをしていたとき、

軟式野球チームでありながら 

なんと 自宅には 硬式ボールしかありませんでした。

伺えば やはり シゲラーと似たようなことを言っていました。

『う~ん さすが 日本一だけは あるな~ 度量と見識眼が違う。』

っと 率直な感想です。

その子どもは 今では きちっり レギュラーですし、

まだまだ 成長の伸びしろをたくさん残して 発展途上です。

やはり ここでも 大人の考え方や勉強の程度が大きく

子どもに差をもたらしている現実を見て 

ますます 大人の重要性を再認識した経験があります。

ひきつづき~ 『食べる練習』についてです~。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シゲラー

Author:シゲラー

最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
盗聴器発見キャラクター まもる君
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。