FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違った指導~ 洗脳編。。。。

エビデンスが無いのになぜか 信じられている指導がある。

不思議なんだけど。。。。。

昔は 運動中に 水を飲んだら ダメ って信じられていた。

今 子どもたちに 練習中 水分補給を禁止したら 殺人指導者扱いされる。

それと 同じで 変な指導や処置がまかり通っている。。。

っで それを遂行している指導者に 『なぜ そうするの?』って 問うても

明確な答えを聞いたことがない。

① アイシング。。。
   冷やして良い時は 非常に限定的。 なんであんなに冷やすんだ?
   昔は 『肩は 冷やしていけない』っと 信じられていた。このことは 昔が正しい。
   何でもかんでも冷やす現状は 血行不良をもたらして 怪我が治らない。

② アップしすぎると 体力が無くなるから ほどほどにしておけ。
  アップって 何をアップさせる? 心拍数を試合と同じくらいに直前にアップさせるから
  試合前準備運動を『アップ』という。心拍数が上がらない体力温存アップって 
  本当のアップじゃない。子どもの体力を温存するって不可能です。

③ 軟式野球をやっている子どもが硬球を投げると 肩肘を痛める。
  重くて硬くて大きい硬球ボールを投げることで いろんな筋肉を使えるようになります。
  軟式野球の投動作の修正や投球後のストレッチなど硬球を使ったほうが良いです。
  また 投球回数を重ねた後のストレッチや試合前に硬球を投げさせても良いのです。
  私は 推奨します。 ただし 指導者がきちんと見てあげることが条件です。

④ 食べる練習。
  泣きながら食べている子どもがいます。栄養になりません。食べる練習ってありません。
  食べ方が悪いです。メンタルトレーニングを併用しないとダメです。
  体を大きくしたいのなら、好きなものを好きなだけおいしかった~っと思って食べて、
  9時頃までには眠ることです。イヤイヤ食べても排出するだけ。

⑤ 殴る 蹴る 怒鳴る 体罰。
  悪いことをしたら 殴る、蹴る、シバく!これOK。。。。 練習でミスしてベンチで殴られる!
  なんで? 殴っている大人の単なるマスタベーション行為です。
  指導といってますが、違います。 大人の単なる自己恍惚行動です。 

⑥ 声を出す。。。
  自分の行動を回りに知らせるために声を出す! これOK。『ファースト~ サード~』など
  仲間を呼ぶ! これOK! 『おえ おえ~ 』 って 軍隊みたいに声を出すって 
  疲れるだけ。同じ疲れるなら 運動量を増やして疲れたほうが良い。
  こういう類の声出しがないと 『元気ない!声だせ~』って 大人が言う。
  こういう意味無い類の声出しを大人が強要するから 子どもの元気がなくなるんです。

⑦ 成長痛
  子どもが大きくなっていくプロセスで 関節や筋肉にぎしぎしひずみがきて痛みが出る症状。
  成長が止まれば 無くなるから成長痛という! これ大きな間違いです。
  成長痛の本来の意味は 『カマってほしい病』です。

⑧ 単年度チームで練習しすぎ。
  上下年度の串さし混成練習のほうが 子どもははるかに早く成長します。
  上級生が下級生を練習するとき 大人はこう言います、
  『手加減しないといけないから上級生にとってためにならない。』
  下級生が上級生と練習するとき 大人はこう言います、
  『危ない』。
  ともに大間違いです。 
  上級生は下級生を指導することで、『教えるは学ぶの半分』を知ります。
  下級生は上級生から教わることで 『コツと力量』を知ります。
  大人は子どもに これを指導することはできません。

⑨ 結果を出して 指導に報いる。
  これも必要ありません。子どもの指導の基本は 人格形成です。
  結果を出すことを強要するのは プロになってからです。
  大人は言います、勝つことで見える景色がある。勝つことで学ぶことがある。
  間違っていませんが 考え方が貧弱です。
  勝つ 負けるを 本当の意味で達観するには プロにならないといくら
  理屈を並び立てても 学べません。
  生きるため生活のためにボールを蹴っている途上国に
  スポンサーの意向で方針がブレる日本が勝てるはずありません。



まぁ~ ざっと こんな感じですかね?

私が あちこちのチームさんや保護者の方とお話しして

『どうして そういう指導されるんですか?』

って聞いても 『なるほど そうか~』って 感じたことはありません。

なんで 間違っているのに それを子どもに強要しているんでしょう?

なんで ? 

なんで ?

って 感じです。 

子どもに 『勉強しなさい!』って 言っている大人が

本当は 勉強しなくてはいけないんです。

大人の不勉強が 大人に帰するなら 自業自得なんで 

シゲラーは 我関せず なんですが、

大人の不勉強さやその無知の被害者が 子どもなんで、

こうやって 啓蒙するんであります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シゲラー

Author:シゲラー

最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
盗聴器発見キャラクター まもる君
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。