スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史に対する敬意。。。。。

こんな 写真と出会った。

シゲラーが、低学年の監督をする少年野球チームの35年前の写真である。

昭和54年当時 大会の開会式で入場行進する当時の低学年たちだ。

っということは この子たちは 今 ざっと厄明けの年代である。

140614_192544.jpg


チームにも 人にも それぞれ 歩んできた歴史ってものがある。

その歴史を続けるために最重要なことが 『理念』である。

先人たちに  このチームの子どもたちを率いる 理念があったからこそ 

今 こうして シゲラーが監督ができるチームが存続している。

現役のわれわれ関係者は まず その先人に敬意を払わなければいけない。

サッカーワールドカップが開催され 非常に盛り上がっている。

シゲラーも大いに ザックジャパンの活躍を期待している。

ただ シゲラーが ひとつ ものすごく 心配していることが 

この 歴史に対する敬意が 今のサッカー界に見られないことだ。

現役選手も その関係者も 現在のサッカー界に対する悲喜こもごもだけで

歴史に対する敬意が感じられない。

昔のシゲブロにも 同じことを書いたが、

ホンダケイスケが 当時 記者会見で言った一言が これ

『ジャパンのこれからの課題は 個 が 大事。』

いやいや あなたほどのスーパースターが口にすることではない。

取材した 記者が 記事にするレベルのコメントです。

現役スーパースターが 未来に伝えなければいけないのは、

歴史に対する敬意であります。

道を作ったパイオニア カズや

J発足に腐心した先人の努力に まず 敬意が必要であります。

そういうことを 忘れたザックジャパンに 世界でどの程度の成績が残せるのか?

シゲラーは 大いに疑問に思っています。

成績を残したから ワールドカップに行けるのではなく

成績を残せる環境がそこにあったから ワールドカップに行けるのです。

近視眼的指導でなく 

永劫未来に通じる指導を 模索する必要があることを 

再確認した 一枚であります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シゲラー

Author:シゲラー

最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
盗聴器発見キャラクター まもる君
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。