FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羹に懲りて膾を吹く (あつものにこりてなますをふく)

少年野球のグランドに 救急車が来た。

頭部にデッドボールを受けた子どもが鼻血を出し、

心配した指導者が救急車を要請した。

グランドい救急車

デッドボールを受けたとき シゲラーは その場に居らず

トイレだった。。。

グランドに戻ったら 試合が中断していた。

?????????

聞けば デッドボールを受けた子どもを介抱中と。。。。

シゲラー こう見えて(どう見えて?)、

日本赤十字社救急法救急員であります。

早速 子どもを診に行きますと、

① 大人が 大変 大変 と騒いでいるんで 
  子どもも泣きのテンション上がって収拾不能。

② デッドボールと鼻血に因果はまったく無し。
  今朝から 鼻血を出していて のぼせているだけ。

③ 落ち着くように 言い聞かせて手当てしたら、
  あっという間に 鼻血が止まった。

④ 周りの大人 うるさ過ぎ。。。

結局 救急隊員さんに応急手当てをしてもらって 何の問題もなし、

グランドから119要請の時、

事実を事実として きちんと連絡できていないんで、

受け入れ体制の病院には 超重症患者の受け入れを依頼し

万全な体制をとってもらっている。

無駄なこと この上ない。。。。

デッドボールは ヘルメットの上から。

最初は なんてことない子どもも 

周りの 大人が 『大丈夫? 大丈夫?』の連呼。

大げさに 『救急車~ 救急車を呼べ』の絶叫。。。

子どももそのうち その気になって 鼻血としゃくりあげの嗚咽。。。

これじゃ~ 健康優良児でも 重病人になってしまう。

万全の受け入れをとってもらった病院でも、

この子どもを見て 一気に 解散。。。。

羹に懲りて膾を吹く (あつものにこりてなますをふく)。。。。

周りの大人が もうちょっと 落ち着いて 力量ある適切な対応ができないものか?

貧祖な 大人の対応に ため息の連続のシゲラーでありました。

この 場面とまったく 真逆の事件もあった。

目に軟式ボールが直撃した子どもが居ながら、

その場に居合わせた大人の対応のまずさで 、

後日 子どもの 症状が 悪化し、

完治まで 時間がかかったという事故もあった。

シゲラーが 何が言いたいのか。。。。

デッドボールの子どもも、

目にボールが当たった子どもも、

患者は 子どもであります。

同じ場面で それが 大人であったなら 

シゲラーにしたら どうでも良いことで 

適当な病院に行って 適当な処置をしてもらってきたらよろしい。

どんくさいのぉ~ っで

シゲラーまったくもって興味がないことであります。

しかし こと 相手が子どもであった場合、

そこに居合わせた大人の対応ひとつで、

その子どもは すぐに完治したり、

なんてことないことが 大いに後をひき 重症化してしまうんです。

おとながその見識と検分と力量と知識を勉強し 対応しなくてはいけないんです。

このデッドボール事件のように、

大人がきちんと対応していれば、 

それこそ 『つばつけておけ』っで済む事例です、

目に直撃した事件は、

それこそ 大人が大いに反省し 大人の貧祖な対応を 

子どもに詫びなければいけない とシゲラーは思うのです。

その時々において 関係者大人がどう思うとか、

どう考えるとかなんて

シゲラーにしたら まったくもって興味はなく 考える値打ちもなく

シゲラー 無視です。

主体は 子どもなんです。

そのことにおいて 

子どもの心にどう向き合うかだけを考えればよろしいのであります。



デッドボーごときで あつものにこりてなますをふくこの大人の対応、、、

シゲラー 大いに バカにしております。

こんな対応では 子どもは ますます貧弱になっていきます。

目にあたった子どもへの対応といい、

このデッドボール鼻血事件の対応といい、

大人は もっと もっと もっと 

野球を勉強しないといけないと シゲラーは 思うのであります。

ちなみのこのデッドボールを受けた子ども、、、

10名近い救急スタッフの待つ救急搬送された病院で 

若い医師に

『痛いの痛いの 飛んでいけ~』

っと 言われて、 

完治したそうです。。。。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

シゲラー

Author:シゲラー

最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
盗聴器発見キャラクター まもる君
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。